エアリス「クラウドの剣、落としちゃった」




1: 若いってコワイ 2020/05/07(Thu) 21:53:38 ID:s9x1UbT40.net

~伍番街スラム~

エアリス「なんでも屋のお仕事、順調だね」

クラウド「ああ。……いちど休憩しよう。アイテムの調達に行ってくる」

エアリス「うん。わたしはここで待ってるね」

クラウド「わかった」

エアリス「ねえ、その剣」

クラウド「……? バスターソードがどうかしたか?」

エアリス「置いていったら? スラムの街、狭いし、背中に付けたまま歩き回ると、危ないよ」

エアリス「お休みする時ぐらい、外した方がいいと思うけどなぁ」

クラウド「……そうか。じゃあ……ここに置いていくから、見ていてくれ」

エアリス「はーい、りょうかーい」


―――

エアリス「うーん……この剣……やっぱり似てるなぁ。ザックスのに」

ズシッ

エアリス「うわ、おっも~い」




2: 若いってコワイ 2020/05/07(Thu) 21:54:28 ID:qyfO7aGa0.net

パンツ乾いたのか


3: 若いってコワイ 2020/05/07(Thu) 21:54:53 ID:TKe57I3+a.net

全部知ってそうなのに口を閉ざすツォンさん


4: 若いってコワイ 2020/05/07(Thu) 21:55:19 ID:PwJLupz10.net

商人「おや?いい剣を持っているね。2100Gで買い取ろう。それでいいかね?」

→はい
 いいえ


5: 若いってコワイ 2020/05/07(Thu) 21:57:12 ID:s9x1UbT40.net

エアリス「すごいなぁ、こんなに重いの、あんなふうに振り回すんだ」

エアリス「よい、しょっと、えいっ」

ブンッ

エアリス「やあっ」

ブォン

エアリス「せーいっ」

ツルッ スポッ

エアリス「あっ」

ヒュゥゥゥゥ

バッシャーン

エアリス「あ……………あああ~っ!」


―――

エアリス「ど、どうしよう……。池の底に沈んじゃった……あ~あ、クラウド、ぜったい怒るよね……」

エアリス「よし。謝ろう、正直に。……でも、すっごく怒って、帰っちゃうかも。そんなお別れ、イヤだな」

エアリス「うーん……戻ってくるまでに池から引き上げられればいいんだけど……」



6: 若いってコワイ 2020/05/07(Thu) 21:58:19 ID:/Ek4fVaD0.net

これは期待


7: 若いってコワイ 2020/05/07(Thu) 21:58:44 ID:PwJLupz10.net

池の女神 ビチャビチャビチャザバーーー

池の女神「あなたが落としたのはこのエクスカリバーですか?それともこちらの最強の矛ですか?」


10: 若いってコワイ 2020/05/07(Thu) 22:01:40 ID:XQdEw4O9d.net

>>7
そこは金のエクスカリパーですか?
普通のエクスカリバーですか?
だろ?パーを選ぶと糞弱いという (投げた時だけ強い)


8: 若いってコワイ 2020/05/07(Thu) 22:00:03 ID:s9x1UbT40.net

エアリス「リーフハウスのみんなにも協力してもらって……クラウドには内緒に……」ブツブツ

クラウド「エアリス」

エアリス「わっ」

クラウド「どうした? ……考え事か?」

エアリス「え? ううん、おかえり、はやいね」

クラウド「アイテムの調達はできた。仕事に戻ろう」

エアリス「あ、うん。そだね。でも、えーっと……ねえクラウド。もう少し、休まない?」

クラウド「いや、もう十分だ」

エアリス「そんなこと言わないで。そうだ、薬草でつくったお茶、淹れてあげる」

エアリス「美味しくて、落ち着くよ? クラウドはそこで待ってて」

ダッ

クラウド「お、おい――」

エアリス(戻ってくるの早すぎ、剣を探してる暇がない。こうなったら、最後の手段……!)


9: 若いってコワイ 2020/05/07(Thu) 22:01:30 ID:PwJLupz10.net

さすがアイテムの調達も早いな





11: 若いってコワイ 2020/05/07(Thu) 22:03:29 ID:s9x1UbT40.net

――

エアリス「お待たせ。特製ハーブティー、どうぞ」

クラウド「ああ……」

エアリス「……」

クラウド「……」

エアリス「飲まないの?」

クラウド「……さっきから気になってる」

エアリス「何が?」

クラウド「そこに立てかけてあったバスターソードが、無いぞ」

エアリス「あるよ」

クラウド「え? いや、でも」

エアリス「バスターソードはちゃんとあるから。そのハーブティー飲んでよ」

クラウド「けど――」

エアリス「いいから、飲んで」

クラウド「わ、わかった」

ゴクッ

クラウド「――?」

クラッ ヨロッ


12: 若いってコワイ 2020/05/07(Thu) 22:06:27 ID:s9x1UbT40.net

クラウド(な、なんだ……? 頭がぼーっとする……)

エアリス「飲んだ? ちゃんと飲み込んだ? ごっくん、した?」

クラウド「あ、ああ……」

エアリス「よしっ。それじゃあ、はい! あなたの大切なバスターソードは、ここにあります」

スッ

クラウド「……」

エアリス「……」

クラウド「……これは……ただの木の棒だ」

エアリス「あれっ……まだ量が足りないかな」

クラウド「おいエアリス。オレのバスターソードは――」

エアリス「それはひとまず置いといて、もっと飲まない? ハーブティー、飲むよね?」

クラウド「もういい」

エアリス「そんなこと言わないで。ほら、どんどん飲んでよ」

クラウド「いや、エアリス、オレは――」

エアリス「い・い・か・ら! 無理矢理にでも流し込むからね」

クラウド「お、おい!」


13: 若いってコワイ 2020/05/07(Thu) 22:10:04 ID:s9x1UbT40.net

ゴクゴクゴク

クラウド「―――???」

グルグル

クラウド(目が回る……)

エアリス「さて、もう一度……はい、クラウドさん! あなたの大切なバスターソードは、ここにあります!」

スッ

クラウド「……」

エアリス「……」

クラウド「……ここにあったのか」

エアリス「おっ! やった! バスターソードに見える? 見えちゃう?」

クラウド「あ、ああ」

エアリス「良かった~、これで時間稼ぎ、できそう」

クラウド「時間稼ぎ……?」

エアリス「ううん、こっちの話。ほら、なんでも屋のお仕事、するんでしょ? いってらっしゃい」

クラウド「一緒に来ないのか?」

エアリス「うん。私は……少し、探し物があるから。がんばってきてね」


14: 若いってコワイ 2020/05/07(木) 22:11:00.190 ID:0oaKX3r/a.net

せめて釘バットをば


15: 若いってコワイ 2020/05/07(Thu) 22:15:23 ID:s9x1UbT40.net

―――

エアリス「そこらへんに落ちたはずなんだけど……」

スラムの子どもA「なんか固いのがあるな」

子どもB「網でひっかければとれるんじゃないか?」

子どもC「オレ、探してくる!」

エアリス「急いで、お願いねー!」

エアリス(幻覚を見せる薬草で騙してるけど……効果が切れたら剣じゃなくて木の棒だってすぐにバレちゃう)

エアリス(急いで本物を返さないと……急げ急げ~)


―――

クラウド「でやあっ」

コンッ

モンスター「……」

クラウド「……」


クラウド(斬りかかっても、効いてる気がしない……ここのモンスターは物理攻撃が効かないのか……?)

クラウド(いや、そんなはずは……問題があるとしたら、こっちの武器かもしれない……)

クラウド(なんだか、いつもよりも……だいぶ軽い気がしないでもない……七番街スラムに戻って、武器屋に相談するか……)

クラウド(エアリスに言って、すぐに七番街スラムへ向かおう)




16: 若いってコワイ 2020/05/07(Thu) 22:18:09 ID:s9x1UbT40.net

―――

エアリス「どーおー? 引き上げられそー?」

子どもC「うーん、なかなかひっかからなーい!」

子どもA「長い棒かなにかないか?」

エアリス「頑張ってー! 応援してるー!」

子どもB「エアリスも手伝えよー!」



クラウド「……なんだか忙しそうだな」

クラウド(仕方ない。明日の朝まで待てとごねられるのも面倒だ……黙って行こう)

クラウド(エアリスは怒るだろうが……後で謝れば問題ないか……)


17: 若いってコワイ 2020/05/07(木) 22:22:02.952 ID:s9x1UbT40.net

~七番街スラム~

ティファ「……あれ? クラウド!? クラウドー!」

クラウド「ティファ!」

ティファ「クラウド、無事だったんだね! 良かった……」

クラウド「なんとかな」

ティファ「心配したんだよ。プレートから下へ落ちちゃったから……」

クラウド「問題ない。ところで……その格好は? どうしてドレスなんて着ているんだ?」

ティファ「クラウドと別れてから、色々と進展があったの。実はこれから――」

ティファ「―――? あれ?」

クラウド「……なんだ? オレの後ろに何かあるのか?」

ティファ「えっと……クラウド、どうして……木の棒なんて背負ってるの?」

クラウド「え?」

ティファ「あの大きな剣は? 伍番街でなくしちゃった……?」

クラウド「なに言ってるんだ、ティファ。ちゃんとあるだろう、ここに」

ティファ「えっ……それが、剣?」

クラウド「そうだが……」

ティファ「いや、だって……」


18: 若いってコワイ 2020/05/07(木) 22:25:30.922 ID:s9x1UbT40.net

ティファ「それ、木の棒だよね」

クラウド「は……? 何言ってるんだ。これはバスターソードだ」

ティファ「え、でも……」

ティファ(クラウド……どう見ても木の棒なのに……やっぱり、変……)

ティファ(記憶の混濁が進んでるのかな……だとしたら、どうしよう、すごい悪化してる……)

ティファ(とりあえず……今は話を合わせておこう。混乱させたらまずいし……やっぱり病院に行った方がいいかも)

クラウド「ティファ、大丈夫か? 疲れてるのか?」

ティファ「ううん、平気。ごめん、おかしなこと言って」

クラウド「部屋で休んだほうがいい。送るよ」

ティファ「大丈夫。大丈夫だから」

クラウド「……わかった」


19: 若いってコワイ 2020/05/07(Thu) 22:28:32 ID:s9x1UbT40.net

クラウド「それで、さっき言っていた『進展』というのは――」

バキッ

クラウド「ん?」

ティファ「え?」

クラウド「……」

ティファ「クラウド? どうしたの?」

クラウド「…………」

ティファ「……ねえ、クラウド。今の音――」

クラウド「折れた」

ティファ「えっ」

クラウド「バスターソードが折れた」

ティファ「あっ……」


20: 若いってコワイ 2020/05/07(Thu) 22:32:20 ID:s9x1UbT40.net

クラウド「軽く体重をかけただけで折れた」

ティファ「う、うん」

クラウド「鋼鉄でできてるのに」

ティファ「ねえ」

クラウド「壁に寄りかかっただけで、折れちゃった」

ティファ「ねえクラウド、落ち着いて」

クラウド「バスターソードはこんなに簡単に折れるのか」

ティファ「クラウド!」

クラウド「ティファ、バスターソードってこんな簡単に折れたりするものなのか?」

ティファ「クラウド、ごめんっ」

ドカッ

クラウド「ウッ!」

ドサッ

ティファ「ごめん、ごめんねクラウド。少しの間眠ってて……」

ティファ(クラウド、やっぱり……スラムに墜落した衝撃で悪化したんだ……。ううん、私が落ち込んでちゃダメ)

ティファ(目を覚ました時に安心できるように、新しい木の棒を探さないと……もっと頑丈なやつ……!)




この記事へのコメント